美顔DIY

アラフォー女が自力で美を追求する実践型ブログ

その他

長女に起きた怖い~話。

更新日:

どうも!らむです!

暑さも少し和らいできた今日この頃。

いかがお過ごしでしょうか。

 

そんな夏も終盤にダメ押しの怖い話をひとつ。

 

 

 

それはお盆休みのある日。

翌日にキャンプを控えた私は早々に準備を終わらせ、1人シャワーを浴びていました。

 

「フンフンフフ~ン♪」

鼻歌で歌っていたEZ DO DANCEが丁度サビに差し掛かった時、それは起こりました。

 

 

「ぎぃやあああああああああああああああああああ!!!!!」

 

 

凄まじい悲鳴。

それはソファーでくつろいでいた長女のものでした。

 

もちろん、シャワー中の私には状況が見えません。

見えませんが分かったんです。

 

あぁ・・・奴が出たんだな・・・

 

物陰に潜む黒いアイツ

勘のいい方はすでにお分かりでしょう。

 

そう、アイツとはゴ〇〇〇。
※伏字多め

 

裏が池という最悪な立地に家を構える我が家はですね、とにかく奴の出現率が高いんです。

こいつが中々厄介で。

何が厄介かってね、旦那以外誰も戦えないんです。

我が家のルール

中でもポンコツなのが他の誰でもない、私。

蚊も殺せないほどの虫恐怖症で、虫に遭遇するとヘイポー並みのパニックを起こすのが特徴です。

 

Gなんてもっての外。

カサッっと音がするだけで真っ先に逃げます。

 

早送りみたいな動きをします。

まぁまぁ関節やられます。

 

いるかいないかはもはや問題ではありません。

可能性の問題ですね、可能性。

 

そんなヘイポーが暮らす我が家にはルールがあります。

ルールその1

 

”ゴ〇〇〇をゴ〇〇〇と呼んではいけない”

 

ヘイポーは言葉だけでも過敏に反応します。

「ゴ〇〇〇」という単語だけで鮮明に姿形が脳内に浮かび、プロレスラーのような叫び声をあげる危険性があります。

 

なのでウチでは

大きいの→ビッグブラック

中ぐらいの→ミドルブラウン

小さいの→リトルブラック

という隠語を使うことを義務付けています。

 

ルールその2

 

”むやみやたらに叫ばない”

 

ヘイポーの近くで「うわっ」とか「きゃー」とか叫ぶのは禁止です。

特に「出たっ」は厳禁です。
※Gが出たとき以外。

 

本家と同じく、ヘイポーは叫び声に非常に敏感です。

むやみに叫ぶとヘイポーはガチで怒ります。

子供、大人関係なくガチで怒ります。

グーが出ます。

ご注意ください。

 

さて、上記のルールを踏まえた上で、続きをお読みください。

 

真夏の夜のG

 

悲鳴を上げた後、続けて

「パパああああああああああああ!!!」

と旦那に助けを求める長女。

 

ほどなくして聞こえてくる旦那の悲鳴。
※旦那も得意ではない。

現場はパニック状態。

 

1番のチキンハートの持ち主ですが、基本的にらむちゃんはドSです。

特に長女と旦那はそのリアクションが素晴らしく、痛い・怖いの類はらむちゃんの大好物です。

 

ドタバタという音と2人の叫び声を聞きながら

「ふふふっ・・」

思わず笑みがこぼれます。

 

(それにしてもでっかい叫び声やったなー。飛んだんかな。)

「ぶふぅっ!」

さらに笑みがこぼれます。

 

 

1人風呂場でほくそ笑む私の所へ

「ママッ!!!」

やって来た長女が言いながら勢いよくドアを開けました。

 

長女を襲った恐怖

 

私「出たん?(・∀・)ニヤニヤ」

 

長女「出たあああああ(´;ω;`)」

 

私「ビッグやったん?(・∀・)ニヤニヤ」

 

長女「・・・いた。」

 

私「えっ?(・∀・)ニヤニヤ」

 

長女〇〇(長女の名前)の上歩いた!!

 

私「えええっ・・・(;・∀・)」

 

言い終わると同時に号泣する長女。

それもメソメソとかシクシクという泣き方ではありません。

 

 

 

あ”------------!!!

 

 

 

いやいや、断末魔か。

なんやその野太い声は。

 

彼女のショックは相当なものだったのでしょう。

断末魔は続きます。

 

気持ちはよーく分かる。

分かりますが、忘れてはいけません。

ここが風呂場だということを。

そして私はシャワー中だということを。

 

「あの〜、とりあえず閉めてくれへんかな?(;・∀・)」

 

「あ”------------!!!」

言いながら首を横に振る長女。

 

「え?どこにおったん?(;・∀・)」

 

「いやあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!」

思い出させてしまったようです。

 

「いやあのさ、洗われへんからさ、しめt」
「あ”------------!!!」

言うことを聞きません。

 

「え?ビッグやったん?(;・∀・)」

 

「いやあ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!!!!!!」

 

 

突然やってきた娘にドアを全開にされ、閉めることもできず、洗うこともできず、その前に座り込み何も答えてくれない娘の断末魔のような泣き声を聞かされ続けている。

 

 

なんだこのカオスな状況は。

 

明日からキャンプなんすけど。

 

 

その状態は20分ほど続き、もはや私の腹筋は崩壊。

最終的にそのまま浴室に雪崩れ込んできた長女は、ブッサイクな顔で身体を洗っていました。

 

友好的なGにご用心

後に長女から聞いた話をまとめるとこうでした。

 

ソファーでテレビを見ていると、うなじらへんに違和感を感じたそうです。

手で触っても特に何もなく、そのままテレビに戻ります。

するとその違和感は肩の方から腕に降りてきたそうです。

見るとそこにはビッグブラック!!

 

いやいや、どんだけ友好的なのよ。

そんなことあります?

どっちかってと逃げる側なんじゃないの?

なんでそっちから来ちゃったの?

てかいつからいたのよ。

 

そんなGがいるなんて、想像するだけで身の毛もよだつってやつですよ。

ガチで怖すぎ。

 

 

みなさん、これから涼しくなって来ますが、油断大敵ですよ。

なぜなら秋頃は虫たちが大きく育っていて、ビッグレベルも半端なく上がるとの情報を入手しております。

 

特に違和感を感じた時はご注意ください。

友好的な虫たちがあなたの腕にもいるかも。。。

ヒヒヒッ

 

終わり。

 

怖いね!と思ったらポチっとな♡

  • この記事を書いた人
らむ

らむ

美容大好き♡アラフォーのらむです♪セルフビューティでどこまで綺麗になれるか実験中。美のためなら手段は選ばないわよ♡

-その他

Copyright© 美顔DIY , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.